短期間で効果を出すためには、限界まで追い込むことも大事!

シニア10短期間で筋肉をつけるには、限界まで追い込みしっかりと体に負担をかけることが必要です。
体力を向上させたり、筋肉を増やすためには、軽い運動を長時間行なうのではなく、体に刺激を与えることで発達させることが可能になります。
短期間に刺激を与えることは、人が体を回復させるために成長ホルモンを分泌しやすい状態を作ります。成長ホルモンは軽い有酸素運動では分泌量を増やすことはできません。強度の強いトレーニングを行なうことで成長ホルモンの分泌量を増やすことができ、筋トレを行なう場合は体に負荷をかけ追い込むことが必要になるのです。
自分の最大限の体力に近いところまで筋トレや運動をした後に大切なことは、筋量を増やすためにしっかりと体力を回復させることです。体をしっかりと回復させることではじめて大きく成長します。
今まで軽く負荷をかける程度の筋トレを毎日かかさず行なっていても、体が全く変わらないという経験があることが多い場合は、高い負荷の筋トレを行い、疲労の回復を十分にとってみます。これにより大きい筋肉をつけることが可能になります。
トレーナーが管理してくれるなら問題はありませんが、自分で筋トレを行なう場合は、最初から体に高い負荷をかけて追い込もうと思わずに徐々にペースを上げて行くことも必要です。まずは体を少しずつ動かして、日常生活で使っていない筋肉に負荷を与えることから始めます。

コメントは受け付けていません。