筋肉をつけると痩せるのはなぜ?

シニア09筋肉をつけると効率良く痩せることができます。
その理由は、筋肉は人間の体の中でもっともカロリー消費が多い部位だからです。
しかも、全身にある器官なので、総量も最も多い部位です。
筋肉の量が増えれば、消費カロリーが格段に増えます。そのために、同じ量の食事をとっていても、筋肉の少ない人よりもより効率良く痩せるのです。人が生きて行く上で消費するカロリーには基礎代謝と活動代謝があります。
基礎代謝は体温調節や呼吸などの生命に関わる活動に消費するカロリーです。横たわった状態で動かなくても、消費されていくカロリーです。それに対し、活動代謝は、運動や生活の基本動作によって消費されるカロリーです。
筋量が増えると、基礎代謝量も活動代謝量もより高くなります。
筋量を増やすためには筋トレをしますが、筋トレをすると成長ホルモンの分泌がさかんになります。
このホルモンは筋量を増やし、脂肪を分解する働きがあります。そのために痩身効果が期待できるのです。
また、このホルモンは食欲を抑える働きもします。食欲を抑え脂肪を分解するホルモンの分泌が、筋肉を増やすと痩せる大きな理由の1つなのです。
筋量を増やすには、材料であるタンパク質の摂取が必要です。筋トレをするときには、タンパク質を積極的に摂取すると、筋トレの効果を上げることができます。

コメントは受け付けていません。